メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

    

政界往来へのご出稿について

 

 

社会 / SOCIETY

韓国「慰安婦の日」 徴用工団体同士が怒鳴り合った背景

政界往来  公開日時:2019-09-15

 

 この夏、韓国では激しい「No JAPAN」運動が展開された。ところが、反日の理由の一つとなっている徴用工問題では、韓国国内も一枚岩ではないようだ。韓国の「慰安婦の日」に開催されたシンポジウムで起きた“事件”について、ジャーナリストの赤石晋一郎氏がリポートする。

 * * *
 8月14日は韓国では「慰安婦の日」とされている。真夏の炎天下となったこの日、韓国内では各地で記念シンポジウムが開催されていた。ソウル市内の中心部に位置する禅寺(チョゲサ)では「強制動員問題解決のための国際会議 解放74年、強制動員問題の過去、現在、未来」と題された集会が行なわれていた。ソウル特派員が解説する。

「このシンポジウムは徴用工問題についての国際会議という触れ込みでした。開催者の名前こそ『共同行動』と連帯組織のようになっていましたが、実質的には民族問題研究所という市民団体が主導したようです」


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方はこちらからログインして記事の続きをお楽しみください。

 

   メールアドレス  

 

   パスワード    

 

   

 

 

まだ会員になっていない方へ 会員登録のご案内

 

 会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

 

区切り線