メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

経済 / ECONOMY

大魔神・佐々木の年俸「メジャー時代」だけで48億円、米国での納税はどうなる?

政界往来  公開日時:2017-10-16

 

元メジャーリーガーで元プロ野球選手の佐々木主浩氏の生涯年俸が、米シアトルマリナーズの選手として活動した4年分のみで約48億5000万円にのぼることが、8月26日にTBS系で放送された「ジョブチューン★野球VSサッカー 国民的スポーツNO.1はどっち!?SP★」で明らかになった。

番組では、現役時代には賞金を一晩で使い切り、現在の自宅にはトレーニング用の15メートルプールを完備するという、驚きの金銭事情が語られ、話題になった。

佐々木氏は、日米両国でプレーした経験があるが、メジャーリーグで稼いだ約48億5000万円については、どのような税金がかかるのか。新井佑介税理士に聞いた。

●日本で同じ金額を稼ぐよりは税金が少ない可能性も

佐々木氏のメジャーでの活躍は今でも鮮やかに私たちの記憶に残っているのではないでしょうか。現役時代、佐々木氏が登板すると「今日の試合も終わりかな


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方はこちらからログインして記事の続きをお楽しみください。

 

   メールアドレス  

 

   パスワード    

 

   

 

 

まだ会員になっていない方へ 会員登録のご案内

 

 会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

 

区切り線