メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

『アメリカン・スナイパー』射殺事件の真相は

政界往来  公開日時:2015-02-17

 

米海軍特殊部隊の伝説の狙撃兵クリス・カイルが非業の死を遂げる直前の物騒な背景が明らかに

 オスカー6部門にノミネートされたクリント・イーストウッド監督の映画『アメリカン・スナイパー』が社会現象を巻き起こすなか、この映画のモデルとなった英雄の悲劇的な死の真相に迫る裁判がアメリカで始まった。

『アメリカン・スナイパー』はSEALs(海軍特殊部隊)の伝説的な狙撃兵クリス・カイルの回想録にもとづいた映画。カイルはイラクから帰還後、民間軍事会社を経営する傍ら、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむ仲間の帰還兵を支援する活動に取り組んでいた。

 ベストセラーになった回想録の映画化の話が進むなか、2013年2月2日、当時38歳だったカイルはテキサス州フォートワース郊外の射撃場で元海兵隊員のエディー・レイ・ルースに至近距離から撃たれて死亡した。

 事件当時、カイルの突然の死は衝


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方はこちらからログインして記事の続きをお楽しみください。

 

   メールアドレス  

 

   パスワード    

 

   

 

 

まだ会員になっていない方へ 会員登録のご案内

 

 会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

 

区切り線