メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

身近にある気付かない放射性残渣―米核開発 負の遺産

政界往来  公開日時:2013-11-30

 

 それは原子力時代の幕開けの一助となる発見だった。米国が第2次世界大戦に参戦する前夜、カリフォルニア大学バークレー校のギルマンホールの小部屋で科学者たちがプルトニウムを分離したのだ。この瞬間が忘れられないように、307号室は国定歴史建造物に指定されている。

 ところが、その瞬間を思い出させるものは他にもたくさんあった。大学の資料によると、その研究は大学が隣接した部屋を丸ごと取り払わなければならないほどの放射性残渣(ざんさ)をもたらした。それから四半世紀後、教授や学生たちはまだその建物を使っていたが、他にも12の部屋や廊下が汚染されているということがわかった。

 大学はそうした個所も除染したが、今年になってまた微量の残渣が自習室で発見されてしまった。

 大学の放射線安全管理者、キャロリン・マッケンジー氏は現在の被曝量は国が定める安全限界よりも「ずっと低い」と話す。それでも1


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方はこちらからログインして記事の続きをお楽しみください。

 

   メールアドレス  

 

   パスワード    

 

   

 

 

まだ会員になっていない方へ 会員登録のご案内

 

 会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

 

区切り線