メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

LINEでトラブルを防ぐ「設定5つのポイント」

政界往来  公開日時:2013-02-01

 

スマートフォンを中心にメッセージ&電話アプリとして爆発的に広がっているアプリ「LINE(ライン)」。個人情報を守りながら、安全にLINEを使うポイントをまとめる。

「勝手に友だち追加」「知らない人からメッセージ」という声も

スマートフォンを中心に爆発的にユーザーが増えている「LINE」。メッセージや音声電話ができる無料アプリだ


かわいい画像スタンプが人気。キャラクターの有料スタンプも登場している LINE(ライン)は、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンで主に使われているメッセージ&電話アプリだ。無料で音声電話ができる、かわいいキャラクターの画像スタンプが使え、携帯電話会社や機種を問わずにメッセージと電話ができるなどの特徴から、利用者が急激に拡大している。日本のLINEユーザーはすでに2800万人、全世界でも6000万人を超えた。スマートフォンだけでなく、一般の携帯電話(いわゆるガラケー)やパソコンともメッセージをやり取りできるため、コミュニケーションツールの定番とまで言われている。

さらにユーザーが増え、友だち追加でのトラブルの声もあがっているので、改めてLINEを安全に使うためのポイントをまとめていく。

 LINEのユーザーが増えるにつれ、友だちとのつながりやメッセージのやり取りで、不安の声もいくつか出ている。いくつかの事例と、その原因は以下の通りだ。

「勝手に友だちが追加される」

 LINEはユーザーを電話番号でデータベース化している(ガラケーではメールアドレスによるデータベース化)。そのため、あなたの電話番号を知っている人(ガラケーではメールアドレスを知っている人)がLINEをインストールすると、友だちになる可能性が高い。これを防止するには、プライバシー設定を変更する必要がある。

「知らない人が… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線