メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

全日空、787運航停止で収益視界不良

政界往来  公開日時:2013-01-31

 

 全日本空輸(ANA)が米ボーイング787型機の運航を当面休止したことで、ANAの経営戦略に影響が及ぶ懸念が出てきた。短期的には欠航に伴う収益の下振れに加え、設計変更などで新造機の納期が遅れれば、路線展開や収支計画など中期的な事業戦略まで見直しを迫られかねないからだ。

 「あと50機近く入ってくる。予定が狂わなければいいが…」。ANAのある経営幹部は、こう漏らす。ANAは2011年11月、世界で初めて787を採用。「We Fly First(我々が一番乗りだ)」を合言葉に世界最多の計66機を発注し、現在ようやく17機を運航するまでになった。ANAが保有する航空機は全機種合わせて227機(昨年9月末時点)。787の運航を停止しても短期的には他の機種で代替できる余地がある。

 しかし相次ぐトラブルを受け、米連邦航空局(FAA)は787の設計や製造を含む包括的な調査に乗り出した。調査… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線