メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

死してなお耳に残る大島渚監督バカヤロー

往来2  公開日時:2013-01-31

 

 「愛のコリーダ」「戦場のメリークリスマス」などで知られる映画監督の大島渚さんが15日午後3時25分、肺炎のため、神奈川県藤沢市内の病院で死去した。80歳だった。

 87年4月に始まったテレビ朝日系討論番組「朝まで生テレビ」では、小田実氏、竹村健一氏らとパネリストとして活躍。政治経済だけでなく、日韓関係やオウム真理教などさまざまなテーマの討論会に出演し、佳境に飛び出す「バカヤロー!」の怒鳴り声は、番組の定番として話題になった。一部で「視聴者が眠くなったころを見計らって怒鳴る」といううわさまで広がるほどおなじみだった。

 90年10月の大島監督夫妻の結婚30周年を祝うパーティーでは、友人で作家の野坂昭如氏と大立ち回りを演じた。祝辞を読んでもらうはずだった野坂氏のあいさつを大島監督が忘れたことから、野坂氏が殴りかかった。大島監督はマイクで頭をポカポカ殴り返した。「失礼はしたけど、殴… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線