メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

経済 / ECONOMY

みずほ銀行、相次いだシステム障害 脆弱性を直視しない体質が課題

政界往来  公開日時:2021-06-24

 

 みずほ銀行で相次いだシステム障害について、親会社のみずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長は定時株主総会で「私の責任のもとに一致団結して対応する」と約束した。ただ、過去にもATMでキャッシュカードが取り込まれる同様の障害を起こしながら、抜本的対策を取らなかった経緯が今回明らかになっている。顧客目線の弱さは深刻で、信頼回復への道のりは平坦(へいたん)ではない。

 株主総会では、昨年も質問に立ちシステム面の弱さを指摘したという男性株主が「1年経ってみると、人的手配が不足していたように報道されている」と、対策が講じられなかったことに不満をあらわにした。坂井氏は「指摘をたまわったにもかかわらず障害を起こしたことをおわびしたい」と陳謝。今後は現場、本部を問わず組織全体で障害対応力の向上を図る姿勢を強調した。

 みずほの第三者委員会が今月まとめた報告書には、システム障害による通… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線