メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

    

政界往来へのご出稿について

 

 

社会 / SOCIETY

プロ野球、自粛疲れと気の緩み 開幕からわずか10日でヤクルトに続き巨人でもコロナ陽性

往来2  公開日時:2021-04-19

 

規則で禁止の他球団との談笑も日常的に

 巨人は4日、選手4人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表。接触頻度の高かった3選手も合わせ、計7選手がチームから隔離された。コロナ陽性1人と濃厚接触3人の計4選手が隔離中のヤクルトに続き、プロ野球は開幕からわずか10日で2球団がコロナ禍の猛威にさらされることになった。昨季は開幕が3カ月延期されたが、無事に全日程を消化。今季は3月に緊急事態宣言が解除されて予定通り開幕できたものの、コロナ第4波が直撃して早くもシーズン完走が危ぶまれる非常事態だ。(塚沢健太郎)



 この日のヤクルト戦の開始直前、東京ドームが騒然となった。「5番・一塁」でスタメンと発表されていたゼラス・ウィーラー内野手(34)が、立岡宗一郎外野手(30)と交代するとアナウンスされたのだ。

 さかのぼること約2時間。球団が3日に実施したPCR検査で中島宏之内… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線