メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

まさかの大差、ダルビッシュ快挙逃す

政界往来  公開日時:2020-11-15

 

ナ・リーグのサイ・ヤング賞バウアーに防御率で及ばず 

ツイッターに「2位でした!」


 ナ・リーグのサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)が11日(日本時間12日)発表され、最終候補の3人に入っていたカブスのダルビッシュ有投手(34)は、全米野球記者協会所属の記者投票でレッズのトレバー・バウアー(29)に惜しくも及ばず受賞を逃した。僅差の戦いとみられていたが予想外の大差で敗れ、日本人投手初となる最高賞受賞の快挙はならなかった。今季最多勝のダルビッシュだったが、防御率などで上回ったバウアーがさらに高い評価を受けた。

 大リーグ移籍9年目のダルビッシュは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で60試合に短縮された今季、12試合に先発。8勝3敗で日本投手初の最多勝を獲得し、防御率はリーグ2位の2・01。奪三振数93は4位タイだった。

 受賞候補のファイナリストとして同賞を最後まで争… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線