メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

    

政界往来へのご出稿について

 

 

社会 / SOCIETY

デパートのレストランがピンチに!その陰には「歴史的企業の再編」があった

往来2  公開日時:2020-05-15

 

窮地に陥る「デパートのレストラン街」

 最近、そごうや西武百貨店のレストラン街で「空き店舗」や「改装中」の店舗が目立つったり、飲食以外のテナントで埋めている店があることに気付いた人も居るのではないだろうか。

 もちろん、4月現在は飲食店舗の多くが新型コロナウイルスの影響で時短営業などになっているのだが「空き店舗問題」はそれより前、2019年秋から発生していた。

 実はこの問題には「かつて西武セゾングループだった歴史的企業の大再編」が大きく関わっていたのだ。

西武解体から数奇な運命を辿った「西洋フード」の再解体

 2020年8月末に閉店予定のそごう徳島店。まだ閉店には時間があるものの、2019年末にはレストラン街の殆どが空き店舗となっており、人の姿はまばらだった。

 この「空き店舗問題」の発端となっているのが、英国コンパスグループの日本法人「西洋フード・コ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線