メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

シャープを買収…鴻海グループを生んだ台湾人の国民性

政界往来  公開日時:2020-03-15

 

■ 〝世界一日本好き〟な台湾人の国民性が育まれた背景

50年間にわたる統治はあったものの、その間に日本によるインフラ整備や教育制度の拡充があったため、現在80歳以上の台湾の年配層の多くは日本びいきです。彼らは日本語教育を受けており、みんなで集まっては日本の歌を歌います。町中でも日本語で声をかけられることがよくあり、今日は日本人と話すことができてよかった、と言ってくれたりします。

一方、10~20歳代の若者も、アニメやコミック、ゲーム、音楽、ドラマなどの日本のサブカルチャーを通じて、日本が大好きです。

しかし、勘違いしてはいけません。年配者に「日本語が上手ですが、どうやって覚えたのですか?」と尋ねれば、総じてポジティブな答えが返ってくるかもしれませんが、なかにはネガティブな考えを持っている人もいるかもしれません。少なくとも日本人の側から聞くことは避けたほうが無難でしょう。ま… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線