メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

「パラサイト」がアカデミー賞を受賞できた理由

往来2  公開日時:2020-02-16

 

ポン・ジュノが築いた「映画史に残る大傑作」

「この映画は、たぶん作品賞を取らない。自分の中の悲観的な自分がそう恐れている。僕はそれを受け入れる。僕はこの映画について書いてきた。自分が所属するL.A.映画批評家サークル賞でこれに投票した。作品だけでなく、監督と助演男優部門にも」

賞レース専門家のグレン・ウィップはアカデミー賞授賞式当日の米紙ロサンゼルス・タイムズで、韓国映画『パラサイト 半地下の家族』が作品賞を取る可能性の低さについて、そう嘆いた。

別の紙面では、ベテラン映画批評家のケネス・トゥーランとジャスティン・チャンが各部門の受賞予測をしている。トゥーランは、ほとんどの専門家同様、『1917 命をかけた伝令』が作品賞を取ると予想していた。だが、その少し前に行われた予測記事で、全6人中ただひとり『パラサイト』を挙げていたチャンはここでも今作に望みをかけていた。

「… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線