メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

    

政界往来へのご出稿について

 

 

社会 / SOCIETY

ゴーン被告、世界から“総スカン”!

政界往来  公開日時:2020-01-15

 

レバノンが渡航禁止命令、米当局は家族から聴取、仏紙も皮肉な論調で…

 保釈中にレバノンに逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反(特別背任)罪などで起訴=が、レバノン当局に渡航禁止命令を受け、パスポートを押収された。8日には約2時間半にわたる記者会見で自己正当化を繰り返したゴーン被告だが、国際世論はなびかなかった。

 会見翌日の9日、レバノン検察当局はゴーン被告に国外渡航の禁止を命じた。日本政府の要請を受けた国際刑事警察機構(ICPO)が、被告の身柄拘束を求める「国際逮捕手配書」をレバノン当局に送付。検察はゴーン被告を首都ベイルートで事情聴取した。

 レバノン検察は渡航禁止に絡み、ゴーン被告のパスポート差し押さえを決定。逃亡時に所持していたとされるフランスのパスポートの可能性がある。渡航禁止命令は、ゴーン被告を日本に引き渡さないという意味合いもあ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線