メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

    

政界往来へのご出稿について

 

 

社会 / SOCIETY

預金“不正引き出し”被害激増!

政界往来  公開日時:2020-01-15

 

11月の発生件数573件、3カ月で5・5倍に…ネットバンキング利用者はご注意!

 インターネットバンキングの口座から預金が不正に引き出され、送金される被害が激増している。警察庁によると、11月の発生件数は573件、被害額は約7億7600万円で、件数は3カ月前の8月の5・5倍、被害額は11・5倍になった。全国銀行協会(全銀協)は「一人一人が詐欺に遭わないように注意することが効果的な対策」と強調している。

 代表的な手口は、銀行を装い、「セキュリティー強化のため、ネットバンキングを一時停止しております。再開手続きをお願いします」といった内容のショートメッセージを不特定多数の携帯電話番号に送り付ける方法。

 偽のネットバンキングのサイトに誘導し、パスワードなどの個人情報を入力させて、口座から預金を引き出す。詐欺グループは、成り済ましを防ぐための「2段階認証」のパスワードも盗み取… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線