メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

タクシーアプリ戦国時代の勢力図、「IT企業系」が今後は有利?

政界往来  公開日時:2019-12-15

 

タクシーの配車アプリの競争が激しくなっている。「Japan Taxi」が早くから取り組み、DeNAが運営する「MOV」、ソニー系の「S.RIDE」、ソフトバンクが支援する中国発の「DiDi」、米国「Uber」などサービスが乱立している。そんなタクシーアプリの各社勢力図や展望について、モビリティジャーナリストの森口将之氏に聞いた。

Uberがきっかけとなって
配車アプリが流行

 いまやタクシーは手をあげて止めるものではなく、スマホ上で呼ぶものとなりつつある。そこで活躍するのはタクシーの配車アプリだが、その覇権争いが激しさを増している。

 現在、日本では5つの大手タクシー配車アプリがあり、それぞれ大企業がバックについている。まずは、このようなアプリが発達してきた文脈とそれぞれの成り立ちを整理していこう。

「配車システムの世界的なきっかけになったのはUberでした。Ub… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線