メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

「エスカレーター乗り方改革」進行中 立ち止まる思いやりを、見直し機運に

政界往来  公開日時:2019-10-16

 

 思いやりのある乗り方を-。「片側空け」が定着して、足早に歩くのが日常風景のエスカレーター。「歩かず立ち止まって」と、障害のある人や鉄道事業者などが呼び掛けている。事故が絶えないほか、半身まひがある人たちにとっては危険を感じるからだ。来年の東京五輪・パラリンピックに向け、見直しの機運が高まっている。

 わけあってこちら

 東京都練馬区の樋沼明男さん(65)は57歳のとき、脳出血のため職場で倒れた。半年間入院し、復帰して昨年末まで働いたが、左半身にまひが残り、歩行にはつえが必要だ。

 エスカレーターは安全面から歩行を想定していないが、片側に立ち止まり、急ぐ人は反対側を歩く慣習が根付いている。昭和45年ごろに大阪で定着し、その後全国に広まったとされる。東京では左側、大阪では右側に止まる地域の違いもある。樋沼さんはまひがある左手では手すりにつかまれず、“地域ルール”とは異なる右… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線