メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

退任、ゾゾ前澤友作が去り際に見せた「野生児の勘」

政界往来  公開日時:2019-09-16

 

業績不振だが株式売却と社長退任には絶好のタイミングだった

 ヤフーが衣料通販サイト大手、ZOZO(ゾゾ)を買収する。ヤフーはTOB(公開買い付け)を実施し、ゾゾの創業者、前澤友作が保有する同社株37%の大半を含む50.1%の買い取りを目指し、ゾゾを子会社にする。43歳の前澤は突然ZOZOを去る理由を「どうしても宇宙に行きたいから」と説明したが、それは前澤一流の「ストーリー」に過ぎない。高校を卒業してバンドマンになり、CDの通販から始めた事業を、ネット上の一大ファッション帝国にまで育て上げた前澤の手腕は見事だったが、今回の前澤の退任劇は、優れた起業家が必ずしも良い経営者ではないことを示している。

ゾゾ子会社化で「国内ECナンバーワン」へ弾みつけたいヤフー
 最後までトリック・スターらしい幕の引き方だった。

 9月12日、午後5時30分、前澤が、東京・恵比寿にあるウェスティ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線