メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

韓国に忖度しすぎ! U18「日の丸」自粛の高野連が本当にすべきこと

政界往来  公開日時:2019-09-16

 

「令和の怪物」佐々木朗希投手らを擁する高校日本代表が、U18W杯に出場するため韓国に降り立ったのは先月28日のこと。しかし日本を代表する選手たちの胸に「日の丸」や「JAPAN」の文字はなかった。その背景には高野連の「配慮」があったというのだが――。


 日韓関係が「史上最悪」と叫ばれるなか、高野連が下した判断は、高校球児のポロシャツから日の丸を外すことだった。日本国内でも賛否両論が巻き起こったこの問題は韓国にも飛び火。

当の韓国人からも、

〈旭日旗じゃなければ大丈夫なのに。日章旗なら大丈夫。なんで怖がるの?〉

〈あまりにオーバーじゃないか?〉

〈韓国人はそんなに野蛮じゃないよ。どれだけ日本人が嫌韓を煽っているのかがよく分かる〉

 といった疑念や困惑の声がネット上で沸き上がっているのだ。スポーツ紙デスクによれば、

「日本代表が日の丸を外し… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線