メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

天皇家は朝鮮半島から来た!?韓国の理不尽な「歴史妄想」を許すな 

政界往来  公開日時:2019-09-15

 

日本の経済再生成功がカギに

 韓国人の言うことで日本人が一番腹が立つのは、皇室に対する不敬だろう。天皇陛下を「日王」と呼ぶのは極めて失礼だ。文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、現上皇さまを「戦争犯罪の主犯の息子」と呼ぶなど、非常識の極みだ。

 サッカーワールドカップ(W杯)日韓大会のとき、当時の天皇陛下が、桓武天皇の母が百済王室に連なるという「ゆかり」を話されたら、韓国マスコミは「日王が百済王室の末であると認めた」と曲解したが、父である光仁天皇の側室が百済王家の子孫だっただけだ。

 世界の常識では「韓国は近代日本をモデルとして模倣して成功した国」として評価されている。

 ところが、韓国人は「自分の方が兄貴分なのに、逆に見られる」のが気に入らない。日本が兄だと威張る必要はないが、日本人でホラ話に同調する輩がいると図に乗られる。「天皇家は朝鮮半島から来た」と韓国での講演で… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線