メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

テキサス銃乱射 米紙「白人至上主義『中立』あり得ず」 英紙「トランプに触発されたテロ」

政界往来  公開日時:2019-09-15

 

 メキシコ国境に接する米南部テキサス州のエルパソで3日に起きた銃乱射事件で、中南米系やメキシコ人ら22人が犠牲になった。クルシウス容疑者(21)は「メキシコ人を標的にしていた」と供述し、憎悪犯罪(ヘイトクライム)の可能性が指摘されている。米メディアは白人至上主義者によるテロへの政府対応が不十分だと指摘し、英メディアからはトランプ米大統領が犯罪を助長しているとの批判が出ている。

□米国 ニューヨーク・タイムズ

 ■白人至上主義「中立」あり得ず

 米南部テキサス州エルパソの銃乱射事件を受けて米紙ニューヨーク・タイムズは5日の社説で、白人至上主義者による国内テロへの警戒を強め、イスラム過激派から自国を守る「対テロ戦争」と同等の厳格な対応が必要だと主張した。
 事件では白人のクルシウス容疑者が中南米系移民の流入を「テキサスへの侵略だ」などとする声明を出しており、憎悪犯罪の可能性… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線