メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

【不信-かんぽ不適切販売】過大ノルマ 郵便局員を圧迫

政界往来  公開日時:2019-08-31

 

 かんぽ生命保険の不適切販売問題が日本郵政グループの経営を揺るがしている。郵政民営化から12年。なぜこれほど大きな問題となったのか。現在と過去、そして今後の焦点から真相を探る。

 「ノルマ(営業目標)のプレッシャーがとてもきつい」
 東北地方の男性郵便局長はこうこぼす。「郵便局は年度ごとに保険、貯金などに関する新規契約のノルマを金額で課せられる。小規模な私の郵便局だと最大100万円程度だ」
 ノルマを達成できたかどうかは人事評価に直結する。評価はA~Eの5段階。この局長は目標を上回ると年度の評価が1段階上がった。「業務を効率良く進められたかなども評価されるが、ノルマを達成できたかどうかが大きい」。法律で義務づけられた全国一律のユニバーサルサービスのもと、郵便局は利益を多少度外視しても地域に貢献する使命があるため、黒字や赤字はさほど重視されない。民間企業では考えられないいびつな仕… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線