メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

N国の勢いに苦し紛れの警告文…NHKが怯える国民の意識変化

政界往来  公開日時:2019-08-15

 

「NHKをぶっ壊す」のスローガンにビビっているようだ――。

「NHKから国民を守る党」(N国)党首の立花孝志氏が当選し、テレビや新聞がこぞって同党を取り上げている。立花氏の主張は受信料を払った人だけがNHKを視聴できるスクランブル放送の導入である。

 NHKは2017年12月に最高裁が受信契約を合憲と判断したことでホッと安心していたはず。そこに立花氏の当選だ。

 同局は30日、公式サイトに「受信料と公共放送についてご理解いただくために」と題し、「明らかな違法行為などについては、放置することなく、厳しく対処してまいります」との警告文を掲載した。NHKは「特定の誰かを念頭に置いたものではない」と説明するものの、N国を意識していることは子供にも分かる。

「警告文はNHKが焦っている証拠です」とは元衆院議員で政治学者の横山北斗氏だ。

「立花氏は司法がNHKの取り… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線