メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

なぜ大坂なおみは急に世界で勝てなくなったのか

政界往来2  公開日時:2019-07-15

 

 大坂なおみの不調がエスカレートしている。

 ウィンブルドン(全英オープン)では初戦で敗れ、早々に姿を消した。これから2週間、たっぷり大坂なおみを応援できると楽しみにしていた日本ファンの落胆は大きい。

 1月の全豪オープンでは4大タイトル2連覇を果たし、飛ぶ鳥を落とす勢いで世界ランキング1位にまで駆け上がった大坂なおみが、なぜこれほど不振に苦しんでいるのか? 誰もがその極端な失速ぶりに首をかしげているはずだ。

大坂なおみの急成長は

サーシャコーチあってのものだった

 誰もが思い浮かべる要因の1つは、コーチとの別れだろう。

 全豪オープン優勝直後、大坂なおみはサーシャ・バインコーチの解任を発表した。わずか1年で、世界の頂点にまで駆け上がった原動力がサーシャコーチの存在だったことは、大坂自身も認めていた。

 潜在能力への期待は大きいが、メンタルに弱さが… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線