メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

    

政界往来へのご出稿について

 

 

社会 / SOCIETY

不正発覚でも懲りずに癒着する医師と製薬企業

政界往来2  公開日時:2019-06-15

 

ワセダクロニクルとの共同調査で明らかになった多額の金銭授受

 ディオバン事件を覚えているでしょうか。

 日本の5つの大学(京都府立医科大学、慈恵会医科大学、滋賀医科大学、千葉大学、名古屋大学)とディオバン(一般名:バルサルタン)を製造するノバルティスが関わった研究不正を指します。

 この事件では、2000年代に臨床試験が行われたデータに不正があったり、ノバルティスの社員が公表なしに論文の統計解析に関わったりしたことが問題とされました。

 その結果、これらの臨床試験の論文は2013年から2018年にかけてすべてが撤回されました。


 今回、この事件に関わった医師への製薬マネーに関する調査を行い、JAMA Network Open誌という医学雑誌で発表しましたので、結果をお伝えします。

(https://jamanetwork.com/journals/j… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線