メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

Ⅰ.人生突然の不運 公的医療保険が拠り所

政界往来  公開日時:2019-05-20

 

 患者の免疫機能に働きかける血液がんの治療製剤「キムリア」が日本でも承認され、今月にも公的医療保険で使えるようになる見通しだ。課題は、米国で1回5千万円以上ともされる価格。日本での価格は未定だが、税や健康保険料への影響を心配する声もある。誰でも、手頃な価格で高度な医療を受けられる国民皆保険は維持できるのか。
 昨年10月、まだ日本に登場していない薬をめぐり、財務省と厚生労働省が激しく火花を散らした。
 仕掛けたのは財務省だ。予算の方針を検討する「財政制度分科会」に、米国で登場した3つの高額薬と価格に関する資料を提示。「公的医療保険から外すことも含めた検討が必要」としたのだ。3つとは、血液がんの治療製剤の「キムリア・米国で1回の治療に約5400万円」と「イエスカルタ・同4200万円」、遺伝性網膜疾患治療薬「ラクスターナ・同9700万円」。財務官僚の脳裏には、膨らむ医療費が将来世代の借金に… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線