メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

個人情報保護、EU当局へ請求10万件 日本企業も対象

政界往来  公開日時:2019-02-15

 

欧州連合(EU)が定めた個人情報保護の規則に基づいて、個人に認められた権利行使を企業に要求する動きが広がっている。EUは自分のデータの削除などを求める権利を個人に認めた。企業が要求に応じないなどとして、EU各国の監督当局に個人が不服を申し立てた件数も10万に迫っており、当局が日本企業を調査対象にする事例も出始めた。

EUが2018年5月に施行した一般データ保護規則(GDPR)は個人データの保護を企業に課し、本人からデータ削除などの求めがあった場合、対応させる。人権意識が高い欧州から、世界中の企業に要求が相次いでいる。

「私が日本滞在中に登録した指紋データを消して」。生体認証サービスを手掛けるLiquid(リキッド、東京・千代田)には欧州からこんなメールが届く。同社は指紋で本人確認する決済システムを提供している。

要求の根拠がGDPRの「忘れられる権利(消去権)」だ。同社は… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線