メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

日本にとって脅威でも何でもない

政界往来  公開日時:2019-01-15

 

 日本の近隣国は、正式な国交のない台湾を除き、困った国ばかりである。中国は尖閣諸島(沖縄県石垣市)への領土的野心を隠さず、軍事的・経済的膨張主義をとっている。ただ、世界第2位の経済大国であり、米国と並んで日本の最大の貿易相手である事実は無視できない。

 ▼ロシアは、昭和20年8月15日の日本の降伏後にも着々と北方領土など日本領に侵攻したほか、60万人を超える将兵らを極寒のシベリアの地へと連行し、強制労働に就かせた。とはいえ、中国や北朝鮮と対峙(たいじ)するうえで日本側に引き寄せておきたい相手ではある。

 ▼一方、韓国はどうだろうか。「韓国と関係改善してもしようがない。中国と違って、日本にとって脅威でも何でもないのだから」。これは、政府高官の言葉である。一見過激なようだが、日本を取り巻く国際環境を考えると得心がいく。

 ▼長年にわたり、韓国は日本に対して「わが国が、北朝鮮と… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線