メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

「パワハラ」と「厳しい指導」、セーフの境界線はどこにあるのか

政界往来  公開日時:2018-11-17

 

 パワハラやセクハラを理由に経営者や役職者、指導者のような上の立場の人が訴えられるケースが増えています。それが事実であればもちろん許されるものではありませんが、時に上司は部下を厳しく指導しなければならない場面もあるはずです。それはパワハラに当たるのでしょうか。

「厳しい指導」と「パワハラ」は一体、何が違うのか

「厳しい指導」と「パワハラ」の違いは、普段からコミュニケーションが取れているか否かです。つまり、部下と上司の間に「信頼関係」があるかどうかにかかっています。「相手のためを思っている」というだけでは不十分なのです。とにかく信頼関係が大切です。

 これまで何度かお話ししているように、コミュニケーションには「意味」と「意識」という2つの要素があります。例えば、上司が部下に「コピーを100枚取ってほしい」と言うのは、自分がしてほしいことの「意味」を伝えています。しかし部下が… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線