メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

五反田55億地面師事件、なぜ積水ハウスは「ど素人」に騙されたか

政界往来  公開日時:2018-11-15

 

昨年8月に発覚し、その被害額の大きさに世間が驚愕した「積水ハウス55億円詐欺事件」が今月急展開を見せ、関わった人間のうち9人(10月24日現在)が逮捕されましたが、土地の所有者の「なりすまし役」は設定もろくに覚えられない「ど素人」とも言うべき高齢女性でした。なぜ日本を代表する住宅メーカーがいとも簡単に55億円もの大金を騙し取られたのでしょうか。今回のメルマガ『伝説の探偵』では同事件直後に「探偵が調査。積水ハウスから63億円を騙し取った『地面師』の黒幕」で詳細なレポートを届けてくださった現役探偵の阿部泰尚(あべ・ひろたか)さんが、その謎に迫っています。


積水ハウス巨額詐欺事件で、偽の土地所有者役をやらされた「ど素人」

積水ハウス55億円詐欺事件で、逮捕者が相次いでいる。「伝説の探偵」では事件当初に「探偵が調査。積水ハウスから63億円を騙し取った『地面師』の黒幕」でこの事件をレ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線