メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

55億円詐欺地面師・カミンスカス操に騙された暴力団組長の嘆き

政界往来  公開日時:2018-11-15

 

 大手住宅メーカーの積水ハウスが土地売買をめぐって所有者を装った「地面師」に55億円を騙し取られた事件で、主犯格とされる自称コンサルタントのカミンスカス(旧姓・小山)操容疑者(58)はフィリピンに“逃亡”している(10月25日現在)。

 その行方を追うのは、逮捕直前に高飛びを許した警察だけではなかった。「アイツだけは絶対に許さない。居場所がわかったら教えてほしい」──そう訴えるのは、関東圏の広域暴力団の現役組長だ。

 10月16日に警視庁捜査二課が偽造有印私文書行使などで地面師グループ8人を逮捕したが、その直前にこの組長は警察の聴取を受けていたという。

「この事件で小山がレンタルオフィスを借りていたのだが、借りる金がないというから俺が知人の社長に頼んで立て替えてもらっていたんだ。その時の600万円を返すのに小山が俺の口座に振り込んでいたから、俺のところに(グループ8人の)… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線