メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

地方バブル、不透明売買 外資流入、路線価上昇率が4年連続首位のニセコ

政界往来  公開日時:2018-09-24

 

 4年連続で路線価の上昇率が全国1位となったのは、世界的スキーリゾートとして外国資本で活況を呈す北海道ニセコ地区の道道ニセコ高原比羅夫線通り(倶知安町)。路線価が5年で7倍に跳ね上がった「ローカルバブル」(不動産鑑定士)の現場を歩くと、タックスヘイブン(租税回避地)に拠点を置く企業が多くの物件を所有し、不透明な不動産取引が行われている実態も浮かび上がった。(大竹直樹)

アジア系が殺到

 羊蹄山を望む高台のスキー場へと続く「ひらふ坂」。冬には外国人客で埋まるという目抜き通りも、オフシーズンの今は閑散としていた。付近では、年内に開業予定のコンドミニアムの建設が進む。

 坂の中腹から高台にかけての通りが、路線価が前年比88・2%上昇した地点。バブル期の昭和63年に記録した過去最高の上昇率91・1%(JR横浜駅西口バスターミナル前通り)に匹敵する異常な高騰だ。

 「中国など… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線