メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

高等教育無償化 不正受給防止へ対策 助成金停止、学校単位で公表

政界往来  公開日時:2018-08-21

 

 2020年度から導入される大学など高等教育の無償化で、政府は2日、成績低迷により助成金の廃止や停止を受けた学生の数や理由などを学校単位で公表する方針を固めた。学習意欲の低い学生の進学や、経営状態の悪い学校法人が国の助成金目当てにこうした学生を集めて不正受給するのを防ぐ狙い。極端に人数が多かったり、少なかったりする場合は、報告を求めて立ち入り検査できるよう法整備も行う。

 高等教育無償化は経済的理由で進学をあきらめる実態をなくすため、低所得世帯を対象に数千億円規模の国費を使い授業料の減免や給付型奨学金の支給による生活費の援助を行う。

 一方、学習意欲の乏しい学生が紛れ込む可能性もあることから、支給対象者の学習状況を毎年確認し、年間の取得単位数が必要単位の6割以下だった場合や、成績が下位4分の1に属した場合は警告を与え、警告連続2回で支給を打ち切る。

 ただ、学校側が経営上… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線