メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

追及第2弾! 野田総務相“仮想通貨スキャンダル”でメディアが取り上げなかった“美人詐欺師”坂井増由美

編集部  公開日時:2018-08-20

 

「肖像権」「著作権」の違法侵害で窮地に!

 いまや大きな存在となった仮想通貨。その草分けであるビットコインは広く知られるところだが、わけの分からない“コイン”が少なくなく、金融庁は仮想通貨交換業者などへの監視を強めている。そんななかで発覚した野田聖子総務相の不祥事は、野田と仮想通貨交換業者や大物芸能人GACKTとの“怪しい関係”が白日の下にされた。しかし、この問題に関する数多い記事で、取り上げられなかった重要な人物がいる。それは弊サイト6月23日付で報じた“美人詐欺師”坂井増由美である。言わば“どこも書かなかった問題”を追及第2弾としてレポートする。                     (敬称略)


 9月に行われる自民党総裁選への動きが活発化しているなか、日本初の総理を目指す野田聖子総務相の出馬に赤信号が灯っている。
「赤信号どころか、ほぼ絶望的だ。あの1件が致命傷」… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線