メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

追及第2弾!! 地元(千葉県茂原市)有力企業「御園建設」の知られざる実像を暴く!

編集部  公開日時:2018-07-02

 

同社の仮面の下の「素顔」「不都合な真実」を明らかにする

 千葉県茂原市に本社を置く「御園建設」(秋葉幸男代表)の「土地売買契約書」の改ざん問題。これによって土地を購入したピーアンドシー・ライオン社(千葉県茂原市 今関文雄社長)は、多大な被害を被ったのだが、取材を進めていくと、御園建設の耳を疑うような所業はこれに留まらない。地元では有力企業と評される同社の姿勢、コンプライアンスが問われている。


次々と発覚する日本を代表する企業のデータ改ざん。さらには森友問題での財務省の決算文書の改ざん。このところ新聞紙上には改ざんの文字が踊っている。
 そもそも改ざんは漢字では「改竄」と書く。広辞苑をひくと「竄」は改めかえる意で〈字句などを改めて直すこと〉とある。そして〈多く不当に改める場合に用いられる〉と解説している。
 前回報じた「土地売買契約書」の改ざん問題は、まさに〈不当に改… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線