メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

本質触れぬ野党、「加計ありき」を連呼

政界往来  公開日時:2018-06-20

 

国会18連休で「充電」したはずなのに…

 加計学園問題をめぐり衆参両院の予算委員会で10日に行われた参考人招致は、柳瀬唯夫元首相秘書官と学園関係者との面会の回数や状況が焦点となった。ただ、獣医学部新設に関する本質的な議論は一向に深まらず、主要野党は「加計ありき」の連呼に終始した。

 衆院予算委員会で野党のトップバッターとして質問した立憲民主党の長妻昭代表代行は、矢継ぎ早にまくし立てた。

 「加計学園関係者とゴルフはしたか」

 「ゴルフの代金はどなたが払ったか」

 「おごりなのか? それちょっと重要なんで…」

 立憲民主、国民民主両党をはじめとする主要野党の議員の多くは、学園関係者との面会に関する質問に力点を置いた。

 安倍晋三首相と学園の加計孝太郎理事長との友人関係に少なからぬ国民は疑義を抱いている。面会の経緯を明らかにして「えこひいき」(長妻氏)… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線