メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

日本のトランプ誤認症候群 政策はみな選挙目当てという診断は皮相だ

政界往来  公開日時:2018-05-15

 

 米国の第45代大統領にドナルド・トランプ氏が就任して15カ月が過ぎた。この間、私はワシントンと東京を往来しながら、「トランプ・ウォッチ」を続けてきた。その結果はトランプ氏のあり方について米国での現実と日本での認識との巨大なギャップに対する当惑だった。

 日本のいわゆる識者や主要メディアの予測に従えば、トランプ氏はもうホワイトハウスにはいないはずだ。「最低の支持率だから辞任する」「ロシア疑惑で弾劾される」「側近人事の混乱で崩壊する」など、日本側ではトランプ氏が「倒れる」とか「終わる」という予測が何度、断言されたことか。

 だがトランプ氏は健在である。内外の批判にもめげず、活力いっぱいに動いている。米朝首脳会談では日本人拉致事件の解決を求めると、安倍晋三首相に明言したこともそのほんの一例だろう。

 解任されたコミー連邦捜査局(FBI)長官の暴露本を反トランプのニューヨーク・… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線