メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

「或る経済的○○」が残る

政界往来  公開日時:2018-03-23

 

 娘が小学1、2年の頃、「あの子はいつも嬉(うれ)しんで体操している」などと言うのを耳にし、「嬉しむ」という言葉はない、「嬉しがる」と言いなさいと注意した。後に「嬉しむ」という古語があることを知ったが、これを現代で使うのはさすがに違和感が強いだろう。

 ◆日本人のDNA

 娘が「嬉しむ」を使ったとき、実は内心で喜んだものである。「『嬉しい』と『嬉しむ』」「『悲しい』と『悲しむ』」といった感情語彙の形容詞と動詞とが照応する日本語の派生構造を、娘は誰に教わるでもなく自然に会得していると思ったからだ。これぞ日本人の国語のDNAに違いなく、このDNAが後の世代にも継承されていく限り、言葉遣いは少々乱れようが、日常語から「日本語」が消えることは絶対にないと確信できたのだった。

 だがそんな確信も今から思えばまるで“呑気(のんき)節”だ。日本の人口減少で日本語話者が少数になってしまう… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線