メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

国歌や道徳教育妨げるな

政界往来  公開日時:2018-03-23

 

 平昌五輪で、日の丸を掲げて手を振る選手の活躍に喜びながら新聞をめくると、気になる記事があった。22日付朝刊で「国歌不起立教員 改めて戒告処分」などの見出しの小さな記事だ。

 東京都教育委員会が、卒業式の国歌斉唱で起立しなかったとして減給処分にした高校の教員2人を、懲戒処分の中でも軽い戒告処分にした。

 減給は重すぎるという裁判所の判決を受けたものだ。教員は平成21年度と22年度の卒業式で国歌斉唱時に起立せず、処分された。これを不服として提訴していた。

 国の象徴である国旗、国歌を尊重するのは自然な姿、国際常識だ。五輪などを見てもよく分かる。それが教育現場に転じると一部の教員には通らない。

 卒業、入学式の国旗、国歌の指導をめぐり平成11年に広島県で校長が自殺する痛ましい事件が起き、国旗国歌法が制定された。

 それ以降も、国歌斉唱であえて起立せず礼を守らない教… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線