メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

年金収入にも税金が!受け取り方で合法的に節税する

政界往来  公開日時:2018-02-26

 

「手取りを増やす」ためには、税金の仕組みを知ることが早道。新刊『サラリーマンのための「手取り」が増えるワザ65』から抜粋してそのエッセンスをご紹介します!

「年金」が増えるほど、社会保険料が多くなるから注意!

65歳以上で公的年金を220万円、企業年金が100万円を受け取れるケースなら、合計320万円から「公的年金等控除額」の120万円を差し引いた200万円が雑所得となります。

 他に、民間の保険会社でやっている「個人年金保険」に入っていると、その分の雑所得も合計されます。

 現在、多くの自治体では「所得」に対して国民健康保険と介護保険の保険料がかかるようになっています。

 このため、年金額が増えるほど雑所得は多くなり、2つの社会保険料も高くなる仕組みなのです。

 老後のために複数の年金を受け取れるように準備し、コツコツ貯めていたとしても、いざ受取り始め… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線