メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

イスラエルの強さの秘密は徴兵制 

政界往来  公開日時:2018-02-25

 

 サイバー攻撃の脅威が知られるにつれて、世界最先端の技術を保持するイスラエルが存在感を増している。『知立国家 イスラエル』(文春新書)によれば、ノーベル賞受賞者数や博士号保有数など、人口比で世界一の知的レベルを誇っている。著者の米山伸郎(のぶお)さんは、その理由の一つに独自の徴兵制を挙げていた。

 ▼イスラエル人は18歳になると、男女とも国防軍に徴兵される。ただ一律に同じ任務に就くのではない。さまざまなテストで選抜が行われる。最優秀の人材は、最新軍事技術の開発に専念するプログラムやサイバー諜報部門に採用される。彼らは兵役を終えると、大学で研究を続けたり、ハイテクベンチャーを起業したりと、活躍の場を広げていく。

 ▼徴兵制といえば、欧州各国は冷戦終結後、次々に停止してきた。ところが最近、復活の動きがある。スウェーデンでは、ロシアのクリミア併合を受けて8年ぶりに18歳の男女が11カ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線