メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

49型で5万円台の4Kテレビ 普及に弾み

政界往来  公開日時:2017-10-16

 

 家電量販店大手のノジマは高精細な4K映像に対応した49型の大型液晶テレビを5万円台から発売する。2011年の地上デジタル放送移行後に購入した人の買い替え需要などを見込み、年末商戦の目玉にする。国内テレビ市場は減少が続くが、4Kテレビは20年に需要の6割を占めるとみられる。格安タイプの発売で冷え込む市場を活性化したい考えだ。

 ノジマは11月にプライベートブランド(PB)「エルソニック」から49型の4Kテレビを発売する。価格は税別で5万3800円。55型も用意し同6万9800円とした。インターネット通販でも取り扱う。月内にも予約受け付けを始める。

 大型の4Kテレビはディスカウントストアのドン・キホーテ(東京・目黒)も3日に50型で税別5万4800円で発売した。6月に同じ価格で発売した第1弾の4Kテレビは初回生産分の3000台が1週間で完売したため、追加発売に踏み切った。

… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線