メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

小池百合子の前世?!

編集部  公開日時:2017-10-04

 

 自民党・小泉進次郎議員をして「政権交代後、もっとも厳しい」と言わしめた今回の衆議院議員選挙。当初は自民党の圧勝と目されたが、「総理大臣になりたい」女帝が“ラストチャンス”とばかり手を挙げたことから事態が急転、「圧勝」とは言い難い展開になってきた。

 小池百合子・東京都知事が「希望の党」を立ち上げ、選挙戦に殴り込みをかけたことは周知の通り。これにより「どっちらけ」だった選挙が俄然ヒートアップ。「国民の関心事」になってしまったから自民党は堪らない。

小池都知事については後述するとして、なんとも醜いのが自民党の慌てぶりだ。

「ブームに乗って立ち上げた党に希望はない」など安倍首相は街頭演説で皮肉っていたが、小池都知事が新党を立ち上げることは想定していなかったのか。彼女の言動を観察していれば小学生でも分かりそうだが、「敵は民進党」と勝手に決めつけた自民党の能天気ぶり。脇の甘さが際立つ格好となった。

 もはや自業自得だ。自民党執行部が完全にぬるま湯に浸かっていた証拠だろう。

 そんな自民党を尻目に一気に日本を乗っ取ろうとしているのが小池都知事だ。本人は「都政のために国の改革スピードを加速させるべき」とやんわり出馬を否定しているが、実際のところ怪しい。

 というのも、小池百合子都知事が昨夏、誕生した直後に彼女の守護霊が「最終目標は総理大臣」と公言していたからだ。

 この発言は『小池百合子 実力の秘密』(大川隆法・著/幸福の科学出版・刊)に掲載。同書は小池都知事の守護霊インタビューをまとめたものとなっている。

 希望の党を立ち上げた直後から指摘される小池都知事の出馬説。彼女はその都度、完全ではなく、ぼんやり(出馬を)否定し続けているが、その真相や如何に……。

 仮に出馬しなくとも「気持ちは一つ」。守護霊は“ホンネ”を次の様に断言した… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線