メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

自衛力は憲法9条と矛盾しないどころか、話し合い解決を実現するのに不可欠な力だ

政界往来  公開日時:2017-10-01

 

 国際紛争を解決するために、武力行使を手段とすることはない。わが国は過去70年間、憲法9条のこの平和主義を厳格に守ってきた。今後もそうあり続けたいが、国際紛争(問題)を武力で解決しないとすれば、何によって解決するのか。

 それはもちろん、話し合いで平和的に解決する。そういう原則的な答えに異議を唱える人は少ないだろう。

 ただ国際社会には、解決が必要だけれども、話し合いでは容易に解決しそうにない問題が数多く存在する。わが国と世界の安全保障を大きく揺るがしている北朝鮮の核、ミサイル開発問題もその一つである。

 そうした問題でも、ともかく話し合いによる解決を目指すとすれば、われわれには相当の知恵と忍耐、そして国際社会を味方につけ、さまざまな圧力を相手にかける、国家としての総合力が必要になるだろう。

 なかでも強調すべきは自衛力の重要性である。話し合いがうまくいかなければ、… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線