メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

安倍首相に衆院解散を決意させた、「米朝軍事衝突」のリアリティ

政界往来  公開日時:2017-10-16

 

とどまることを知らない米朝両トップの舌戦は、行き着くところまで行ってしまうのでしょうか。津田慶治さんが、もはや軍事衝突の回避は不可能、そして開戦は12月と予測。安倍首相がこの時期の衆院解散を決意したのはその情報をキャッチした可能性が高く、総選挙では間近に迫る核戦争に対応可能な安全保障政策を争点にすべしと訴えています。

第2次朝鮮戦争前夜の衆議院選挙

米国と北朝鮮の両国のトップともに、相手を罵倒して感情的な面での対立も起こしている。これでは平和的な対話ができるわけがない。それと日本では衆議院選挙が始まる。この2つを検討しよう。

米朝戦争開始は

米トランプ大統領が、ロケットマンと金正恩委員長を呼び、北朝鮮を完全に破壊するとした。それに対して、金正恩委員長もトランプ大統領を老いぼれの狂人とし、太平洋での水爆実験を行うとエスカレート。マティス国防長官は、ソウルの破壊を見ずに… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線