メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

松坂牛? 松板牛? 中国で農産品ブランドのパクリ横行 農水省苦慮

政界往来  公開日時:2017-09-30

 

 中国の業者が日本の農産品のブランド名を勝手に商標登録する事例が相次いでいる。栃木県が開発したイチゴ「スカイベリー」が商標登録されたことが判明。また、日本を代表する「松阪牛」に対する「松板牛」は権利取り消しが却下されており、農林水産省は対応に苦慮している。

 「とちおとめ」の後継となるイチゴ「スカイベリー」の名称が昨年、中国で商標登録された。申請者は上海市のインターネット販売会社。検疫の問題で輸出できないため、中国では商標登録をしていなかった隙をつかれた。「いったん登録されると取り消しは難しい」と栃木県の担当者は頭を抱える。

 著名産地を知的財産に指定する地理的表示(GI)で保護されている愛知県の「西尾の抹茶」も出願された。松阪牛をめぐる「松板牛」「松坂牛」などの商標は、出願から約10年たって取り消しを申請したが、却下された。

 農水省幹部は「販売業者や飲食店など、さまざ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線