メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

先輩 橋龍からの至極な提言

編集部  公開日時:2017-09-20

 

 北朝鮮が日本上空を通過するミサイルを何発も打ち込んでいる中、自民党・安倍晋三首相は9月下旬の臨時国会で衆議院の解散を敢行。10月20日過ぎに解散総選挙を実施する方針だという。

 衆院解散の背景には3つの要因があるという。民放の官邸担当が次の様に語る。

「第一に民進党・前原誠司党代表の新体制が早くも崩壊状態であること。第二に加計学園・森友学園問題が“風化”し、このまま“封印”出来そうな状態でること。第三は内閣の支持率が50%近くまで戻ったこと。それらの状況を鑑みると解散は“今しかない”となり、(解散に)踏み切った」

 北朝鮮の脅威が迫っているというのに、まさに国民不在の政治。安倍首相が今、動かなければいけないのは、衆院の解散ではなく北朝鮮に対して、毅然とした実力行使を含めた対応である事は言わずもがなだ。

《「政治家」っていうのは、やっぱり信念を貫かなきゃいけない。政… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線