メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

「政局第一、野党の平和ボケ、ここに極まれり」「北問題こそ閉会中審査を」

政界往来  公開日時:2017-09-16

 

自民党・武田良太副幹事長

 今月17日から3日間、米ハワイ州にある米軍のイージス艦搭載迎撃システムの地上配備型「イージス・アショア」を視察してきました。自民党総裁直轄の「北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部」(本部長・二階俊博幹事長)の下部組織として作ったミサイル防衛対策の専門チームの活動の一環です。

 これまで防衛副大臣などを経験してきました。弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮の脅威は日増しに高まっており、イージス艦の本来任務に支障をきたしています。艦の能力を発揮するためには、同じような能力を持つイージス・アショアを陸上に配備することは重要だと思います。

 2つ配備すれば北海道から沖縄まで日本全部をカバーできるとの分析もある。視察時期に、ちょうど日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)が重なり、政府・与党一体となって新たなる段階への対応が速やかにできたの… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線