メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

日本列島改造論【田中角栄元首相】の霊言

編集部  公開日時:2017-08-31

 

 森友学園、加計学園といった“お友だち”への便宜供与疑惑に始まり“チルドレン”と呼ばれる“子飼い議員”がここに来て不祥事続き…これまで50%以上の高支持率を保っていた安倍内閣が「危険水域」寸前の30%ギリギリまで急落した。その後、内閣改造を試みるも40%前後までしか支持率が回復できていない。

 2012年に政権を奪還して以来、高い支持率をタテにやりたい放題だった安倍晋三首相だが、状況は一変。自業自得といえば、それまでだが、もはや「共産党ではなく安倍首相が左翼だ」と宰相の大先輩から非難される惨状だ。

 この痛烈な声の主は戦後、日本列島改造論で我が国を経済大国に仕立て上げた「即断即決」オトコ・田中角栄元首相である。

 昨今、国民は本当の日本再興を願っているからか「角栄待望論」が続出。2016年1月にはかつての天敵・石原慎太郎元東京都知事までが『天才』と題し、「角栄が今、生存し… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線