メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

<script type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0408ef80.6c42e92b.09107b03.2087fd89";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="250x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1515987454941";</script><script type="text/javascript" src="https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js"></script>

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

広島をどう描くのだろう

政界往来  公開日時:2017-09-15

 

 また今年も、「広島の日」が巡ってきた。

 ◆祈りをささげる日

 その昔、野球記者をしていたころ、広島に出張すると、一日は平和記念公園を歩いた。

 原爆ドームの空を見上げ、丹下健三デザインの平和記念資料館では言葉もなく立ち尽くす。少し重たくなった心を元安川の風が癒やしてくれ、ようやく電車通りを渡って、広島市民球場に歩みを進めるのだった。

 義父は、原爆死没者名簿にその名が記載されている。

 埼玉県生まれの埼玉県育ち。若い一時期、ほんの少しだけ広島に滞在した。そのとき、「あの日」に遭遇した。

 翌日、軍務によって広島市内に派遣され、被爆された方々の救護にあたった。

 義父から直接、当時の様子を聞いたことはない。娘に語り聞かせた阿鼻(あび)叫喚のさまを、「兵隊さん、水をくれ」と、か細く訴える被爆者の声がいまも耳に残っているという話を、また聞きしたにすぎ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線